コラム

人を人として見れなくなる福祉教育の弊害

 
福祉に関して学生と接していて気を付けていることがあります。

それは知識や技術を重視しすぎることで起きがちな「専門バカ」を生み出さないために何が必要かということ、そのための片方の重しをどのように提供していくかという点です。

興味深い変化があります。

一枚の写真を学生に見せます。
その写真は、四肢麻痺があり、気管切開もしていて、知的にも障害があると思われる5歳くらいのこどもが車いすに座り、横に母親が付き添っているものです。

この写真を見せて、
①「最初に」どこに意識が行くか
②「最初に」どんな言葉かけをするか
を学生に問うと、2年生あたりでは、ABの答えが半々くらいですが、4年生になるとAが8割、Bは2割と大きく変化しています。

Aの答えは①「四肢ともに麻痺があり、動かすのは難しい」「気管切開なので発語も難しい」など
また、②「最初にお母さんに状況をお伺いしてからこどもさんに声をかけます」などです。

これがいわゆる「専門バカ」の答えであり、知識や技術が根本となる理念がないまま蓄積されてしまった典型例だと考えています。

では、2年生の時に約半数もあったBの答えは、
①「5歳くらいにしては大柄かな?」「顔色もよくてつやつやしているなぁ」
②はこどもさんに直接「普段どんなテレビ見てる」「どんな遊びしてる」などです。

もうおわかりのように、障害児は障害が先か、こども(児)が先か、ということであり、生の言葉でいえば「障害があるとかないとか、そんなもんは「最初」はどっちでもええんじゃ!5歳は5歳じゃ!」ということではないでしょうか。

これを見失わせてしまう福祉教育であれば、いかに高尚なことや実践的な知識・技術を伝えたとしても全くの無意味であり、そればかりか弊害だらけのものとなってしまいます。

人を人としてとらえる、「最初に」人を全体として見る(ピープル・ファースト)、専門バカになることなく、当たり前に普通の感覚をもった専門職が増えていくことを願って、学生とくだらない雑談にふける毎日です。

この記事を書いた人
谷口 泰司
谷口 泰司 - たにぐち たいじ -

RELATED POST関連記事

  • “人に迷惑をかけないこと”は、難しい
    10年ほど前だったか、なにかお金のかからない、手軽な趣味を持とうと思って、「古新聞・チラシへの落書き」に熱中した時期があった。 世の中、こんなことを楽しいと思う人が他にいるかどうかは、知らない。 まず [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
  • 谷口ゼミの実践領域
    最近の活動では、 「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」と 「障害者虐待に係る対応」 が中心となっています。 障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 成功のカギは、結果が出るまで「待つ」ことができるかどうか
      競技スポーツには常に勝者と敗者が存在し、その差はごく僅か、紙一重です。 勝ち負けは2分の1、5割の確率で決まりますが、アスリート個人のパフォーマンスはどのくらいの確率で「成功」となるので [...続きを読む]
  • 言うまでもないこと
      先日、「暗黙の了解です」「言うまでもない前提なので」という事態に直面しました。 個人的には「ちゃんと言ってくれていたら・・・」という気持ちになりましたが、このような言わずもがなの事項は身 [...続きを読む]
  • 色彩と印象
      人は、第1印象(1秒~6秒程度)を、 ①外見や服装 ②表情・視線 ③話し方・声の質 ④しぐさ・姿勢 ⑤話す内容 で決定しているそうで、このことを「初頭効果」と言います。 初頭効果とは、最 [...続きを読む]
PAGE TOP