コラム

最近の学生について思うこと

 
本学の一期生は今40代となり、家庭で、社会で奮闘している。

そうした卒業生と話す機会に、よく「先生、最近の学生はどうですか」と聞かれる。

一期生が学生だったころと比べて、何が変わっただろうか。

あの頃(2000年前後)は、みんな携帯電話を使っていたが、現在はスマートフォンでSNSを使ってやり取りしているとかか。

それ以外では、「就職活動に関して学生間で話さなくなった」ということがある。

特別に親しい友人間は別だが、就活については学生集団の中で話題にしないことが多い。
これは、なぜだろうか。

精神科医の斎藤環氏によれば、年配の世代が「食うため」に働いたのに対し、若い世代にとって就労は「承認欲求の対象」になっているという。
若者の関心は「生存の不安」から「実存の不安」へと移り、職に就くということが「自分が何者か」ということとより深く結びついているという(斎藤 2016:59-66)。

だとすれば、学生の気持ちも察することができる。

就職活動の過程では、うまくいかない(=不採用)という事態はある程度避けられない。
そんな「社会から承認されなかった」(と、学生に感じられるような)事態が生じた時、そのことを周囲に絶対に知られたくはないだろう。
これは昔からあった感覚だが、SNSなどで周囲に自分の動向が瞬時に伝わる今のような環境下では、学生はそのような事態に一層強い不安を感じるのだろう。
だから、多くの学生があえて就職活動の動向をオープンにしたくないと考え、それが暗黙のルールになっているのではないだろうか。

ただ、そんな変化があるとはいえ、今の学生も本質的に変わらない。

彼らも、一期生が学生だったころと同じように葛藤し、友達と交流し、日々成長している。

記憶の中の「私の20代」より、よっぽどしっかりしていて、生き生きとしている。

文献 斎藤環(2016)『承認をめぐる病』ちくま文庫
 

この記事を書いた人
岩間 文雄
岩間 文雄 - いわま ふみお -

RELATED POST関連記事

  • 正しさはコワイ② 支援者が陥りやすい罠
    体罰やパワハラ・虐待などの背景には加害者側が信じる「正しさ」があり、それが強い怒りと激しい攻撃を正当化させることは前回お伝えしました。 今回は、相手を正そうとすることに関連した話題を書きたいと思います [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする⑧ ―読書体験の可能性―
      全国大学生協連(東京)の昨年の調査によると、大学生の48%が、1日の読書時間は「ゼロ」と回答しています。 一方、多くの人が「読書は大切」と言います。 大切である理由は、突き詰めて言えば、 [...続きを読む]
  • 社会をデザインするソーシャルワーク:共生を強制しない社会を目指す
    東日本大震災以降、大規模な自然災害が続いています。 その度、「つながり」や「絆」、「共生社会」、「連携」といった言葉に注目が集まります。確かに大切な言葉だと思います。 しかし、このような言葉に縛られて [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 忘れられない自閉症児との出会い
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 当時、アメリカのベッテルハイム博士は、「自閉症とは、冷たく拒否的で冷蔵庫のような心をもった母親(冷蔵庫マザー:refrigerator mot [...続きを読む]
  • それでも、自分のゴールにむかう ~ストレスと受け止め方の話~
      大学で勤務をしていると、卒業生から連絡が入ったり、研究室に顔を見せにきてくれたりすることがあります。 社会人になって、元気に過ごしているという近況報告もあれば、少し働くことが辛くなってき [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]
PAGE TOP