コラム

子どもは認められると変身する

皆さんは「児童相談所」をご存じですか? 

虐待を受けた子どもが児童相談所の一時保護所に保護されたとのニュースを聞かれたことがあると思います。
このコラムは私が大学を卒業して、一時保護所に勤めていた時のお話です。

ある日、小学4年の男児が入所してきました。

入所理由は他児に暴力をふるったり、小学校の渡り廊下の屋根に登り瓦を剥がして投げつけるなど、乱暴で手に負えず、何とかして欲しいとのことでした。
一時保護所でも他児に暴力をふるうことがありました。
当時のスタッフは8人で、私を除く7人が女性保育士で、一時保護所には温かく子ども包み込むような母性的な雰囲気がありました。私は夜勤に入らず日勤で働いていました。
男児が暴力をふるった時にはすぐに叱ることなく、別室でじっくりと話を聞くようにしました。
男児は誰にも認めてもらえず、大人に自分の気持ちを聞いてもらったり、打ち明ける機会もなく、自分のどうしようもないイライラ感を他児や物にぶつけていたように思います。
毎日毎日、根気強く、男児の気持ちに耳を傾け寄り添いながら関わっていきました。
そうして10日ほど経ったある日、私が帰宅する時間になると事務所に来て、「一緒に帰りたい、先生の家に連れて帰って」と言ってきました。

誰からも認めてもらうことのなかった男児の素直な気持ちだと思います。

私はそれに少しでも応えようとして、男児と二人きりで、明石公園に「どんぐり拾い」に行きました。
二人で沢山のどんぐりを拾い、明石公園から一時保護所に帰ってきた時に、男児が「他の子はどんぐり拾いに行ってないので可哀想や、草むらにどんぐりをばらまいて、みんなで『どんぐり拾い』をしよう」と言いました。
他児に乱暴を働いていた男児が他の子どもの気持ちを考えるまでに成長した瞬間でした。

その時、子どもは大人に認められると変身することを強く実感しました。

子どもは認められることにより自立するのだと思います。

この記事を書いた人

RELATED POST関連記事

  • 2020/06/11
    「新型コロナと福祉思想」その4―ランプの灯を少しだけ高くかかげる―
    昭和23年9月3日に来日したヘレン・ケラーは、講演会で「あなたのランプの灯をもう少し高くかかげてください。見えない人々の行く手を照らすために」と話されたと言います。 ランプの灯を少し高くすると、その分 [...続きを読む]
  • 谷口ゼミの実践領域
    最近の活動では、 「障害者の高齢化に伴うさまざまな課題への対応」と 「障害者虐待に係る対応」 が中心となっています。 障害者の高齢化により、わが国の法制にはいくつもの狭間や課題があること、法制以上に私 [...続きを読む]
  • コミュニティによい実践② ~観光スポットの分析~
      2018年10月、『兵庫県赤穂市GAP調査報告書』が公表されました。 この報告書は全94頁、赤穂市のHPでどなたでも閲覧できます。実際の調査では全国1,052名もの協力者が回答しており、 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 「嫌いではない」ことの価値をあげよう!
      「〇〇は好き?」と尋ねられたら、どう答えますか? 僕は、自分の答えに自信がなくて困る時があります。 例えば、「好き」ではあるけれど「大好き」という程ではない場合や、「〇〇も好きだけど、今 [...続きを読む]
  • 正しいは怖い③ 被害から自分を守ろう!
      今回は、虐待やハラスメントを受けた側について書きます。 そもそも、攻撃を受けることは苦痛です。 安心や安全がおびやかされる状況であり、誰でも早く逃れたいと思うでしょう。 選択肢としては相 [...続きを読む]
  • 援助という後ろめたさ
      コラム投稿も第4回目となります。 第1回目は、援助関係には不平等性が潜在しており、人の支援をしようとする者は、それに気づく、心の細やかさが大切だというお話を書きました。【第1回コラム(リ [...続きを読む]
PAGE TOP