コラム

子どもは認められると変身する

皆さんは「児童相談所」をご存じですか? 

虐待を受けた子どもが児童相談所の一時保護所に保護されたとのニュースを聞かれたことがあると思います。
このコラムは私が大学を卒業して、一時保護所に勤めていた時のお話です。

ある日、小学4年の男児が入所してきました。

入所理由は他児に暴力をふるったり、小学校の渡り廊下の屋根に登り瓦を剥がして投げつけるなど、乱暴で手に負えず、何とかして欲しいとのことでした。
一時保護所でも他児に暴力をふるうことがありました。
当時のスタッフは8人で、私を除く7人が女性保育士で、一時保護所には温かく子ども包み込むような母性的な雰囲気がありました。私は夜勤に入らず日勤で働いていました。
男児が暴力をふるった時にはすぐに叱ることなく、別室でじっくりと話を聞くようにしました。
男児は誰にも認めてもらえず、大人に自分の気持ちを聞いてもらったり、打ち明ける機会もなく、自分のどうしようもないイライラ感を他児や物にぶつけていたように思います。
毎日毎日、根気強く、男児の気持ちに耳を傾け寄り添いながら関わっていきました。
そうして10日ほど経ったある日、私が帰宅する時間になると事務所に来て、「一緒に帰りたい、先生の家に連れて帰って」と言ってきました。

誰からも認めてもらうことのなかった男児の素直な気持ちだと思います。

私はそれに少しでも応えようとして、男児と二人きりで、明石公園に「どんぐり拾い」に行きました。
二人で沢山のどんぐりを拾い、明石公園から一時保護所に帰ってきた時に、男児が「他の子はどんぐり拾いに行ってないので可哀想や、草むらにどんぐりをばらまいて、みんなで『どんぐり拾い』をしよう」と言いました。
他児に乱暴を働いていた男児が他の子どもの気持ちを考えるまでに成長した瞬間でした。

その時、子どもは大人に認められると変身することを強く実感しました。

子どもは認められることにより自立するのだと思います。

この記事を書いた人

RELATED POST関連記事

  • 自分が生まれてきた理由(意味)―私の幸福論
    自分が生まれてきた理由(意味)は何だろう。 普段、こんなことを考える人はめったにいないと思います。この手の問いを考えるのは、なんらかの理由で悩んでいる人か、文学や哲学が好きな若者と相場が決まっています [...続きを読む]
  • カナダ バンクーバー研修記(後編)
    後編は、研修プログラムについてご紹介したいと思います。 プログラムの柱は、 〇英語研修 〇福祉施設交流訪問・医療機関視察 〇デイケア(保育園)におけるボランティア の3つでした。 英語研修は、キャンパ [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か①
      新型コロナの影響で日本全国の大学ではオンライン講義が行われています。 本学では6月になり一部対面授業が開始されたものの当面はこのような状況が続くかもしれません。 少なくとも後期も「オンラ [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
PAGE TOP