コラム

続・いまも影響力を持ち続ける人生論

武者小路実篤の人生論は今日もなお影響力を持ち続けている。

それを示す根拠として、たとえば「読書メーター」(日本中の読書家とコミュニケーションできるWeb)がある。

読書メーターのレビュー数を見ると、2014年1件、2015年2件、2016年1件、2017年0件、2018年2件、2019年1件とほぼ毎年何等かの投稿がなされている。
また、アマゾンのカスタマーレビューでも2003年、2006年、2015~2016年にそれぞれ1件ずつの投稿内容が確認できる。投稿件数は僅かと言えるかもしれないが、長らく絶版しているにもかかわらず、岩波新書赤版にレビューが寄せられたという点を評価したい(2019年8月27日現在)。

それでは、武者小路実篤はその著『人生論』において何を論じたのか。

気になるであろう。

本コラムでは、本著をただ読んでいるだけでは気づかない、または気づきにくい潜在的な構造を探ってみよう。そこから今日において何か継承できるものが発見できるかもしれない。

私は『人生論』正編・全64章をデジタルデータ化した上で計量的に内容の整理・分析を試みた。正確にいえば分析途上というところであるが、分かったことがある。
『人生論』の文字数は全部で93,206文字、全体の語数は59,167語、単語は3,259種類であった。出現回数の多かった語句は、人間が681回を数え、以下、人458、自分382、仕事246、他人196、自然178、健康130、生命109、愛72、心71、人生71、人類67、生活64、という回数であった。

武者小路実篤の『人生論』は本質的には何を論じたのか。

一目瞭然と言えよう。「人生」というよりはむしろ「人間」について、あるいは「人」についてだったのである。

この記事を書いた人
谷川 和昭
谷川 和昭 - たにかわ かずあき -

RELATED POST関連記事

  • 「大切なこと」をスケッチする⑤ ―難病の人に学ぶ―
      今年、授業の一環として難病患者の人へのソーシャルワークを学んでいます。 難病とは、 ① 発病の機構(原因)が明らかでない ② 治療方法が確立していない ③ 希少な疾患である ④ 長期の療 [...続きを読む]
  • 合言葉は「かみかみ」、新型コロナの合言葉
    勝田吉彰の「高校生に知ってほしいこれからの感染予防」 YouTubeでご覧いただけます   新型コロナの感染は、この冬から再び増加してゆくことが予想されています。 これは、 ①ウイルス自体が [...続きを読む]
  • 「新型コロナと福祉思想」その1―ICT社会としんがりの思想―
    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため大学でもオンライン授業が中心となり、会議もZoomが使われています。 また、情報の共有や伝達にはMicrosoft Teamsが使われるようになりました。 いま、 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • スポーツは安全第一
      楽しく、刺激的な身体活動であるスポーツは、様々なルールという制約の下、人間の精神力・身体能力の限界を競ったり、身体や道具を巧みに操る能力を競うことで成立しています。 スポーツをする立場、 [...続きを読む]
  • 適性は形成概念:あなたは向いている? それとも向いていない?
      看護にしても社会福祉にしても、その仕事に向いているか向いていないか、この適性の問題は大事ですよね。 ではどう捉えたらよいのでしょうか。 そもそも適性って、何なのか。 私の大学院修士課程時 [...続きを読む]
  • なぜ、勉強するのか?
      私が小学生の頃に「クイズ面白ゼミナール」という番組がありました。 「知るは楽しみなり」という司会者の一言で始まる番組です。 私もこれまでに、何度となく「なぜ、勉強するのだろう?」と考えて [...続きを読む]
PAGE TOP