コラム

多様性を考える

 
近年、ダイバーシティ(Diversity)、多様性を認めた社会というものが注目されています。

この流れ自体を否定するつもりはありませんが、今、言われている「多様性を認めた社会」というのは本当に多様性を認めた社会なのでしょうか。今回のコラムではこのことについて少し視点を変えて考えてみたいと思います。

多様性を認めた社会というと様々な背景を持った人が活躍できる(している)社会をイメージすることが多いように感じます。

もちろん、このことは正しいかもしれません。ただ、どうもこのイメージにはもう一つ「そこで活躍する人は互いに認め合い、良好な関係の中、仲良くしている」というものが付随している気がしています。こういう社会が実現できれば理想かもしれませんが、それは逆にそうでない人を排除してしまう危険性を含んでいます。つまり、「認められず、関係が築けなかったり、悪化する場合は排除する」という構造が成立してしまうかもしれません。

ということは、実は認め合ったり、良好な関係を築いたり、仲良くするのではなく、お互いの存在を分かり合うだけで良いのではないでしょうか。

同じ時間と空間は共有するけど、気が向けば周りと合わず、気が向かなければ周りを気にしなくて良い関係性を目指すのも一つの選択肢だと思うわけです。ある意味、適度にお互いを無視できる関係性であり続けることが「多様性を認めた社会」と言えるのではないでしょうか。

そもそも「多様性を認めた社会はこうです」と定義をしてしまうと、そこに該当しないものが炙り出されることになりかねません。

だとすれば結果として多様性を認めた社会になっていたくらいで考えておくことが大切なのではないでしょうか。

みなさんは、このことについてどう考えますか。

この記事を書いた人
藤原 慶二
藤原 慶二 - ふじわら けいじ -

RELATED POST関連記事

  • それでも、自分のゴールにむかう ~ストレスと受け止め方の話~
      大学で勤務をしていると、卒業生から連絡が入ったり、研究室に顔を見せにきてくれたりすることがあります。 社会人になって、元気に過ごしているという近況報告もあれば、少し働くことが辛くなってき [...続きを読む]
  • ブレイクスルーを可能にする理念と使命―職場のマンネリを突破する力―
      社会福祉学部では、学生に身につけてもらいたい教養の力と専門性を『学士スタンダード』という100ページほどの冊子にまとめています。 これを学生に配布し、1年次のゼミのテキストとして使用して [...続きを読む]
  • 支援を支える考え方の一つ
      私たちの行動は、目的を果たすために行われます。 例えば「大学に行きたいから、勉強する」し、「全国大会に行きたいから、練習する」といった具合です。 だから目的を果たせないと分かっていたら、 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]