コラム

支援を支える考え方の一つ

 
私たちの行動は、目的を果たすために行われます。

例えば「大学に行きたいから、勉強する」し、「全国大会に行きたいから、練習する」といった具合です。
だから目的を果たせないと分かっていたら、私たちは行動をしません。「大学に行けないのなら、勉強しない」し「全国大会に行けないのなら、練習しない」わけです。

では、私たちはなぜ「支援をする」のでしょうか?

色々な目的が思い浮かぶと思います。「人の笑顔が見たいから」「困っている人を助けたいから」「人の役に立ちたいから」など、いずれも心温まる目的だと思います。

しかし、「支援する」のが行動である以上、「勉強する」「練習する」のと同じで、自らが立てた目的を達成するために行われています。少し意地悪を言うと、「人の笑顔が見られないなら」、「困っている人が助からないのなら」、「人の役に立たないのなら」支援しないことになります。つまり支援するのに目的があると、自分の利益とならないとわかれば支援しなくなってしまいます。

だからといって、自分の利益を満たすために支援してしまうと、支援される人は、堪ったものではありません。
「なんだ、お前の自己満足のために、私は支援されているのか」と憤ることでしょう。

「支援する」のに目的があれば利己的になってしまう。でも、目的がなければ「支援する」ことはできない。このままではどん詰まりです。

そこで少し視点を変えて考えてみましょう。

つまり目的に変わる「何か」があればよいのです。その「何か」をカントは「義務」だと指摘しました。

「義務」とは「すべき」という文脈で語られる言葉です。そこには「だれかのために」や「自分のために」という目的はありません。要するに「支援すべきだから、支援する」ということです。ここに自分の利益が介在する余地はありません。

人間である以上、どうしても利己的な側面があります。しかしそれが過ぎれば、相手は私の利益を満たすための道具になってしまいます。支援も同じです。かなり意識して支援しないと、相手は自己満足の手段となってしまう危険性が潜んでいます。

だからこそ支援だけは、義務に適った行為であって欲しいと願っています。

この記事を書いた人
岡崎 幸友
岡崎 幸友 - おかざき ゆきとも -
専攻は倫理学で、特に「善の実現に至る道筋」に関心があります。また独我論からの脱出が課題です。

RELATED POST関連記事

  • 充実した実習とするためには
      社会福祉士の実習は、社会福祉士を目指す学生にとって大きな学びが得られる機会となります。 私は社会福祉士の実習指導の授業を担当していますが、学生さんと話してみると、実習前は不安で自分は大丈 [...続きを読む]
  • ジャージをカッコよく着こなす
      私が学生の頃、スポーツを専攻している、あるいは体育会系クラブに所属している学生は常にジャージ(いわゆるスポーツウェアのこと)を身に纏い、日々の学生生活を過ごしていました。 同時に、よく先 [...続きを読む]
  • 「大切なこと」をスケッチする⑧ ―読書体験の可能性―
      全国大学生協連(東京)の昨年の調査によると、大学生の48%が、1日の読書時間は「ゼロ」と回答しています。 一方、多くの人が「読書は大切」と言います。 大切である理由は、突き詰めて言えば、 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • なぜ社会福祉学部で政策やビジネスを学ぶのか
      タイトル、2024年4月から関西福祉学部社会福祉学部社会福祉学科では、新たに社会マネジメント専攻が立ち上がります。 「そうなんだー。」と納得される方もいるかと思いますが、多くの方が「なん [...続きを読む]
  • 本学伝統のコミュニティアワーのテーマに関する覚書(前編)
      関西福祉大学(の社会福祉学部社会福祉学科)が開学以来ずっと行ってきているユニークな教育プログラム、それが「コミュニティアワー」です。 教室を飛び出して、地域社会全体をフィールドに展開する [...続きを読む]
  • 「推し」の心理
      近年、「推し」ということをよく耳にします。 アイドルや芸能人を指して「私の推しは〇〇」という発言や、大人気アニメのタイトルにも用いられています。 それ程までに一般化した「推し」とは、どの [...続きを読む]
PAGE TOP