コラム

コミュニティによい実践① ~路上生活者支援~

 
2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起こり、いつ終わりが来るのかが見えない中で、2回生のゼミも開始となりました。

谷川ゼミの理念は「コミュニティによい実践」です。

しかし、大学の外に出て活動することは感染拡大防止、感染予防の観点からは慎重にならざるを得ませんでした。
まさに手首足首を手錠でつながれたような感じです。
しかし、そうした中でも取り組むことのできた、「コミュニティによい実践」があります。
その1つが「姫路での路上生活者支援」です。

では、谷川ゼミが、姫路での路上生活者支援で得られた知見とはいったい何だったのでしょう。

ゼミでは7月と11月に、路上生活者支援のための活動に参加しましたが、この2回の活動の取り組みに、共通点や相違点を見出したいと考えました。

そこで、姫路で2002年から活動を続けている、路上生活者ふれあいサークルレインボーの代表である車田誠治さんをたずねて、実際の支援活動に携わらせていただきました。
私たちは7月と11月の2回、姫路五軒邸協会ならびにカトリック姫路教会に出向き、炊き出しとしてお弁当づくりや配布、姫路城周辺にて夜回りパトロールをおこないました。
7月には昨年のゼミの参加経験者も3名来てくれて、2回生にサジェスチョン(助言)してくれました。
11月は炊き出しだけでなく、LGBTQ、ひきこもり、不登校などの社会的マイノリティ、生きづらさ、孤独感、孤立を感じている人など「みんながいられるスペースであり、居場所であり、フリースペースである、「そらにじひめじ」も訪問しました。

支援活動後、7月と11月のそれぞれの支援活動後、分析レポートを作成しました。
これらのレポートで書かれた文章を、テキストマイニング、すなわち文章のかたまりから意味ある何かを掘り起こすという分析を実施しました。
7月と11月の二つの取り組みを、ワードクラウドと単語分類により比較分析しました。

ワードクラウドでは次のようなことが分かりました。

7月では「ホームレス」、11月では「路上生活者」という言葉が多く使われています。
また、7月では小さな表示だった「炊き出し」が、11月では大きく表示されています。
さらに、7月には「給付金」、一方、11月には「そらにじひめじ」が比較的大きく表示されています。
単語分類では、7月と11月の両方によく出る言葉、片方にだけ出現する言葉のあることが分かりました。
7月では、楽しい、新しい、興味深い、寒い、心強い、等々の形容詞が多く使われています。
11月では、形容詞が少なく、夜回り、そらにじひめじ、などの名詞が多くなっています。

ワードクラウドの7月と11月における「ホームレス」から「路上生活者」へという言葉の違いは、私たちが実践していく中で、単なる家がない人という視点から、かけがえのない生活者という視点に切り替わってきた証左と言えます。

単語分類の7月にだけ出現で、心強い、というのがありましたが、これには3回生の先輩方が手ほどきしてくだったことが影響していると考えられます。
また、11月にだけ出現した言葉に、そらにじひめじがあります。

谷川ゼミがコミュニティスペースである、そらにじひめじを訪問したのは今回が初めてであり、ゼミの今後の展開につながることを期待します。

この記事を書いた人
谷川 和昭
谷川 和昭 - たにかわ かずあき -

RELATED POST関連記事

  • 生きること自体に対する不平等 ―人間平等を再考する―
      関西福祉大学の建学の精神の1つに「人間平等」があります。 これは、「人間は、一人ひとり違う。しかし、“大切な存在である”という意味(価値)においては平等である」ことを意味します。 そして [...続きを読む]
  • 遊びのない福祉
      市販されている自動車のハンドルには、必ず「遊び」が設けられています。 これは事故を防止する上でもとても大事なもので、この「遊び」がないと、僅かでもハンドルを切っただけで車の方向が変わって [...続きを読む]
  • 「講義のオンライン化」は「オンライン講義」か②
      さて、covid-19の影響を大いに受けた一年が終わりを迎えました。 訳もわからず突っ走ってきたオンライン講義でした。 この機会に少し立ち止まってふり返ってみたいと思います。 大学の講義 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 子どもの「レジリエンス」という視点
      前回のコラムでは不適切な養育のもとに育った子どもたちの愛着について書きました。 今回は最近よく聞くようになった「レジリエンス」について書きたいと思います。 一般的にレジリエンスとは「ここ [...続きを読む]
  • 30年前の願い:オリジナル応援ソングに込めた想いとは
      辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、その人を癒やしてくれるもの、元気づけてくれるものに歌という音楽があるのではないでしょうか。 それはある方にとってはポップかもしれないしロックかもしれませ [...続きを読む]
  • 僕の歩く道
      「僕の歩く道」は2006年に放送されたドラマで、自閉症の30代の青年である大竹輝明さんが主人公である。 少し古いドラマであるが、今観ても多くの学びや気づきが得られる。 大竹さんは職場での [...続きを読む]
PAGE TOP