コラム

「新型コロナと福祉思想」その1―ICT社会としんがりの思想―

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため大学でもオンライン授業が中心となり、会議もZoomが使われています。
また、情報の共有や伝達にはMicrosoft Teamsが使われるようになりました。

いま、時代はICT(情報通信技術)により大きく変わろうとしています。

ここでは、ICTに関する知識と技術が必要であり、それらを習得した人たちが新たな時代の一端を切り拓いていくでしょう。
と同時に、そうした知識や技術の習得が困難な人たちは時代に取り残されていく。

そうした時代に突入したことを実感します。

ここで思い出されるのが鷲田清一さんの「しんがりの思想」です。
鷲田さんは社会が成長ではなく縮小せざるを得ない社会を迎えるに際し、「先頭で道を切り開いてゆくひとよりも、むしろ最後尾でみんなの安否を確認しつつ進む登山グループの「しんがり」のような存在の判断が最も重要になってくる」と述べています(鷲田清一『しんがりの思想―反リーダーシップ論』KADOKAWA,2015年,p.140)。

ICTが発達した社会にも、ZoomにしてもMicrosoft Teamsにしても、それらを活用する知識や技術の習得が容易ではない人がいます。
そのため、これからの社会は、ICTが苦手な人たちが「取り残される社会」ではなく、「誰も取り残されない社会」であることが望まれます。

「誰も取り残されない社会」は、SDGs(国連サミットで採択された持続可能な開発目標)の理念ですが、これは「最後の一人の福祉の実現」という福祉思想と同じものです。

それを実現するための視点を示しているのが「しんがりの思想」だと思います。

この記事を書いた人
中村 剛
中村 剛 - なかむら たけし -
福祉現場の経験と哲学という営みを通して、社会福祉の根拠となる「知」を明らかにしたいと思っています。

RELATED POST関連記事

  • 忘れられない自閉症児との出会い
      私が「児童相談所」に勤めている時の話です。 当時、アメリカのベッテルハイム博士は、「自閉症とは、冷たく拒否的で冷蔵庫のような心をもった母親(冷蔵庫マザー:refrigerator mot [...続きを読む]
  • ボランティアから得られるもの(前編)
      大学に入ったら始めてみようと思うことに、「ボランティア」を挙げる学生さんがいます。 ボランティアという言葉は、ラテン語の volo(ウォロ)が語幹であり、日本語で言うと「自発性」が中核概 [...続きを読む]
  • 「ソーシャルワークって何だろう?」--ソーシャルワークで、社会をプロデュースする!
      「ソーシャルワークって何だろう?」 社会や地域の中で起こっているさまざまな課題を解決する術を、「ソーシャルワーク」といいます。 ソーシャルワークというと、これまでは高齢者や障がい者の介護 [...続きを読む]

LATEST POST最新の記事

  • 研究と福祉実践の共通点
      大学教員の仕事の一つに研究活動があります。 そして、大学生のみなさんも卒業論文に取り組まれます。 大学は研究機関であり、研究によって生まれる新しい発見や価値を発信する場所だと思っています [...続きを読む]
  • スマホの利用あれこれ~コロナ禍での過ごし方~
    スマホ依存症が社会問題へ コロナ禍が始まる前から大学生だけではなく、中高年においても「スマホ依存症」が社会問題になっています。 一般的に、常にスマホを所持していて画面を確認し、何か操作していないと落ち [...続きを読む]
  • 海外経験で得たもの
      私は、23歳から30歳までヨーロッパ各国でのバレーボールの武者修行に行っていました。 若い時から、漠然と「ただ一時的に海外旅行へ行くのではなく、海外に住んで、違う文化で暮らしている人達が [...続きを読む]
PAGE TOP